皆さんはサーストンの3原則をご存じですか?

1869年から1936年にかけて大活躍したアメリカのマジシャン
ハワード・サーストンを冠した言葉です。
と言ってもサーストンの3原則は彼が言った言葉ではなく
日本人が考えたと言われてますが。

しかし、この3原則は
大事なことです。この機会に覚えておきましょう。

原則1.「マジックを演じる前に、現象を説明してはならない」
 例えば、「これからハンカチを出します」と言ってからハンカチを出した場合と
説明無しにハンカチを出した場合。貴方はどちらのほうが驚きますか?

前者は既に観客に説明してしまっているので、
マジックの驚きが半減してしまいますね。

観客をドキドキわくわくさせるためにも
極力、事前に説明をするのは避けましょう。

といっても例外はあります。
有名なプロマジシャンのミスターマリックのように
観客が想像してる以上の結果を出せるようなら
やってみるのもありかもしれません。




原則2.「同じマジックを繰り返して見せてはならない」
マジックを見せた時、多くの方がこう言います。
「もう1回見せて!」と。しかし、それはいけません。

観客は2度目は1度目に見なかったことも注意深く観察します。
それは マジックを失敗する、種がバレる危険性が大きく増す
思ってください。

観客は種がわからない非日常の光景だからドキドキします。
種がわかってしまえば途端に冷めてしまいます。

もし貴方が一度でも、見せてしまった場合
これから全てのマジックに対して相手は要求してくるでしょう。

断り方
始めからきっぱり断るのが一番問題が少ないです。 
余計なことを言うと、その情報から相手は種明かしの推測をしますから。



 原則3.「種明かしをしてはならない」
原則2でも触れましたが、観客は種を明かされた途端に
「なーんだ、つまらない」と冷めてしまいます。

それは演じる側も観客も双方にデメリットしかありません。
種のわかってるマジックを演出されても観客は喜びませんから。




以上の原則3つが、マジックをする上で重要なことです。
といっても全てのことに例外はあることは忘れないでください。