マジシャンがよく使うトランプを使ったマジックですが、これは自らの手の大きさにも左右されます。
また、手に汗をかきやすい方はそれに伴いカードが滑りやすくなったりと不都合が多いので注意が必要です。

現在日本ではプラスチック製のトランプが人気で、プラスチック製のトランプのほうが紙より良いと思ってる方も多いですが、それは間違いです。 プラスチック製は紙と比べて滑りやすく、高度なマジックを行うには向いていません(勿論そのマジックにもよりますが)
多くのマジシャンが愛用してるのはアメリカのU.Sプレイング・カード社の紙製トランプで、「タリホー」「バイスクル」が主流となっています。プレイング・カードとは日本で言うトランプのことです。値段はどちらも700円あれば買えるものです(アメリカ在住ならば税率の問題でもう少し安いそうですが)
▼紙製のものを選ぶ理由
紙製のものはプラスチックに比べて手になじみやすく、技法のやりやすさが理由に挙げられます。
※トランプは消耗品です。一生懸命練習したカードを変えたくないという気持ちもわかりますが、傷んできたら買い換えましょう。それが上達の近道になります。
では2つの長所と短所について書いていきましょう。参考にしていただければ幸いです。
タリホー
長所:とても柔らかく使いやすい。バイスクルに比べて使っているとすぐに柔らかくなり、それが持続する。
短所:すぐに汚れ、バイスクルよりも値が張る傾向が強い。
バイスクル
長所:タリホーに比べて長持ちする。何より安い。
短所:固く、使っていくと滑りにくくなる。
尚、多くのマジシャンがバイスクルを選んでます。大きな違いは無いので、実際に手にとってみて使いやすいほうを選ぶと良いでしょう。